​手つかずの庭

この度、2021年8月14日から9月26日まで、企画展「手つかずの庭 | tetsukazunoniwa」を開催いたします。本企画はReborn-Art Festival 2021(夏)とは関係なく、石巻で運営されている3つのギャラリーを中心にして行われます。

会期:2021年08月14日(土)~9月26日(日)

​ 散り散りになったモノたちが別々のリズムを刻んでいる雑然とした空間。そんな手つかずの庭のような状態をいかにして肯定できるだろうか。

 

 震災について考えさせられ、街のために何ができるかと問われ続けてきたこの地で一番重要なことは、そういったことに囚われずに、当事者か非当事者かも関係なく活動できる空間を作ることではないのか。そのためには、この街で生まれたいくつもの線(意味)を紐解いていく作業をとおして、雑然としたまとまりのない庭(空間)を作る必要があるのかもしれない。

2021.05.24 鹿野颯斗

「手つかずの庭」

-展示会場-

-​アーティスト-

鹿野颯斗

鹿野颯斗

Hayato Kano

富松篤

富松篤

Atsushi Tomatu

ちばふみ枝

ちばふみ枝

Fumie Chiba

SoftRib

SoftRib

ソフトリブ

ミシオ

ミシオ

Mishio

土井波音

土井波音

Namine Doi

有馬かおる

Kaoru Arima

守章

Akira Mori

大槌秀樹

Hideki Ozuchi

後藤拓郎

Takuro Gotou

根本裕子

Yuuko Nemoto

金澤弘太

Kouta Kanazawa

キラーギロチン

KillerGuillotine

かんのま子

Mako Kanno

光藤さくら

-

平野将麻

Shoma Hirano

安村卓士

Takuji Yasumura(Alternasu)

石巻のキワマリ荘

ART DRUG CENTER

​THE ROOMERS' GARDEN

​企画協力

​山田はるひ

Haruhi Yamada

Blog

参加作家インタビュー第四回|彫刻家・ちばふみ枝「生身の身体で人と向き合いたい」

参加作家インタビュー第四回|彫刻家・ちばふみ枝「生身の身体で人と向き合いたい」

震災を機に石巻にUターンをし、自身の彫刻作品を中心とした制作を続けてきた彫刻家・ちばふみ枝。窓、カーテン、扉、壁、階段などのモチーフに、記憶の中の風景を組み合わせた造形を特徴とするその作品群は、鑑賞するたび自身の記憶とも接続されていく。「石巻のキワマリ荘」のメンバーとして活...

参加作家インタビュー第三回|美術家・大槌秀樹「技法を捨てて、0になる」

参加作家インタビュー第三回|美術家・大槌秀樹「技法を捨てて、0になる」

東北芸術工科大学大学院の実験芸術領域を卒業後、2009年より山形を中心に活動する現代美術家・大槌秀樹。空洞化した中心市街地や、東北に存在する消滅集落、廃村、鉱山を舞台に、その変化せざるおえなかった、環境や自然に介入した行為を記録し、行為から生まれる事象を映像や写真、パフォー...

参加作家インタビュー第二回|アーティスト・平野将麻「境界のその先を見てみたい」

参加作家インタビュー第二回|アーティスト・平野将麻「境界のその先を見てみたい」

2019年のReborn-Art festivalで「石巻のキワマリ荘」を訪れたことがきっかけとなり、石巻で活動を始めたアーティスト・平野将麻。2019年夏に東北芸工大を中退し、同年12月から美術家・有馬かおると守章(双子のユニットで作家活動をしている)が運営しているギャラ...

参加作家インタビュー第一回|美術家・ミシオ「本来のルートから外れて、その向こう側にいくこと」

参加作家インタビュー第一回|美術家・ミシオ「本来のルートから外れて、その向こう側にいくこと」

7月8日に3年と少しの石巻生活を終え、地元である京都へ帰ってしまった美術家のミシオ。2018年、RAFをきっかけに石巻のキワマリ荘の二階部分に住み、「おやすみ帝国」と名付けたスペースを運営し、滞在制作を続けてきた彼は石巻で何を考え、これからどのような活動を行なっていくのだろ...